全米ヨガアライアンス認定校

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)とは

Logo Yoga Alliance

1999年に2つのヨガ団体が合併してできた米国の協会で、今や”国際ライセンス”とも言うべき位置づけとなっています。
RYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)の認定を行っている非営利団体で、指導者としての知識やスキルの基準を定めています。

RYS200とは

RYT200

RYS(Registered Yoga School)200とは、「全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)」が認定するヨガスクールです。
RYS200(全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座200時間プログラム)の全日程修了者には修了書が授与され、世界約50数カ国で通用するヨガの国際ライセンス「RYT200」の認定資格が得られます。

RYS300

02-YA-SCHOOL-RYS-300

RYS(Registered Yoga School)300とは、RYS200(全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座200時間プログラム)後の300時間コースを提供するヨガアライアンス認定校。
全日程修了者には修了書が授与され、世界約50数カ国で通用するヨガの国際ライセンス「RYT500」の認定資格が得られます。
(RYT200に加え、RYT300のカリキュラムを修了すると、RYT500の認定資格が得られます。)
インストラクターとして、さらにスキルアップし、ティーチング経験を積むことで取得できる上級資格です。
RYT500の登録を行うと、就職やスタジオでの雇用、採用の際に、専門的にヨガを学んだ講師であると評価を受ける他、全米ヨガアライアンス認定200時間コースの授業担当や、専門スキルとしてワークショップの開催などにも繋がります。

E-RYT500

E-RYT500_150px