Anatomical Basic Course[インストラクター養成コース RYT200]

course_head_02

骨・関節・筋の構造や機能などの基礎を重点的に理解をし深めていきます。

骨格系は、骨だけでなく骨を安定させたりする軟骨、靭帯、その他の結合組織で構成されています。
筋肉と骨が連携して働いてくれているおかげで、私達は重力や空間の関係をうまく保ち動くことが出来ているのです。
私達の人体の形を作っている骨格、骨と骨が連結している関節、そしてそれをつなぎ運動をおこしている筋など全ての人に共通しているものが身体です。
「解剖学に興味はあるけど難しそう…」「骨や筋の名前を聞いたことはあるけど正直どこにあるかわからない」などこれから解剖学を学びたいと考えている方が対象となり基礎を重点的に深めていきます。
特に体幹と四肢の筋についてはその所存を個別に図示し、筋の起始・停止を把握していきます。

解剖学を学ぶのが初めての方や解剖学が苦手という方からインストラクターを目指されている方までが学んでいける入門コースになります。

第一回目 全身の骨格(骨の構造・からだ区分)
第二回目 関節の形態としくみ(関節の主な種類と運動方向)
第三回目 全身の筋肉(筋肉の構造)
第四回目 神経系・循環器の概要
第五回目 運動の面と軸(関節運動の種類・作用)
第六回目 体幹
第七回目 上肢・上肢帯①
第八回目 上肢・上肢帯②
第九回目 下肢・下肢帯①
第十回目 下肢・下肢帯②

Anatomical Basic Course
全10回(1回約2時間)・・・¥43,200(税込)

解剖学基礎入門テキスト付

※お問い合わせ、お申し込みは下記メールフォームよりお願い致します。 ※定員10名限定

Mailform

講師紹介

img_profile_mei

Meiko Uemura(上村 命子)

自己紹介:
18歳からスポーツクラブでヨガ・ボクササイズ・水泳・パーソナルトレーニングの指導を行っていました。
毎日、いつも戦闘体勢で肩に力を入れていた自分、、、。
あるヨガを受けて、自分の気付かない間に心も身体も悲鳴をあげながら固い鎧を着ているようにカチコチになっていた事に気づきました。
それから、もう一度ヨガの原点にもどり学びたいという想いで全米ヨガアライアンスRYT200を取得、アーユルヴェーダアドバイザー認定取得後、フリーヨガインストラクターに転身しました。
今も、日々学びを感じながらヨガの活動を行っています。

(資格)

全米ヨガアライアンスRYT200取得
アーユルヴェーダアドバイザー認定取得