Maternity Yoga Course


<産褥期(さんじょくき)・育児期を見据えたマタニティヨガ養成講座>

ヨガのクラスに参加されるマタニティの方に対する理解と、指導者としての知識を深めるとともに、マタニティの方が出産をゴールとするのではなく通過点とし、妊娠中から産後、その後の人生までを視野に入れた、健やかなマタニティライフのお手伝いを目的にヨガの指導が出来るように、この講座は構成されています。
マタニティの方のアーサナや呼吸法のみならず、ヨガ哲学、マインドフルネスをベースにし、アーユルヴェーダの観点からも学んでいきます。
妊娠や出産に関する解剖学は看護師から詳しく学ぶことができます。
 
 

コース概要

出産をゴールとするのではなく通過点とし、妊娠中から産後、その後の人生までを視野に入れた、健やかなマタニティライフのお手伝いを目的にしています。
ヨガは “生き方”です。ヨガでは、私たちには元来、大きな力を持っているといわれていますが、近年は、医療進歩、情報過多などでマインドが忙しく内側の大切なものを感じることが少なくなってしまいました。
妊娠や出産は心身の大きな変化の時です、自分自身やその内側に芽生えた生命に優しく思いやりを持って、判断をせず、受け入れて待つことで、自ずと慈しみの思いがわき上がるでしょう。
そして、この時期の過ごし方が産褥期・育児期につながり、心身ともに、更に魅力的な女性へ成長するチャンスとなります。産後はしばらくは“安静”が必要、とはいえ、育児は始まっています。実はこの時期の心身のケアがとても大切なことはあまりいわれていません。
指導者は産褥期ケアも見越したセルフケアを指導する必要があります。アーサナや呼吸法のみならず、ヨガ哲学、マインドフルネスをベースにし、アーユルヴェーダの観点からも学んでいきます。
妊娠や出産に関する解剖学は看護師から詳しく学ぶことができます。

1.マタニティヨガについて
2.マタニティヨガの目的と効果
3.妊娠期の心と身体の変化
4.妊娠期の身体(解剖学)
5.不定愁訴に対するヨガ
6.分娩、産後のためのヨガ
7.椅子を使ったアーサナ実践
8.クラス開設・運営の際の留意点
9.一般クラスに参加された場合の対処
10.ケーススタディ

 

コース内容

1日目
①マタニティヨガについて
②妊娠期の心と身体の変化、マインドフルネスヨガ


2日目
③妊娠中の身体について
④目的別ヨガ


3日目
⑤アーユルヴェーダと妊娠(アーユルヴェーダ・セラピスト)
⑥クラス運営について


コース開催日程(予定) 1日2講義 10:00-13:00,14:00-17:00
全3日間 6講義 (1講義3h)
Maternity Yoga Course
産褥期(さんじょくき)・育児期を見据えたマタニティヨガ養成講座
全3日 全6講義(各1講義3h)
 ¥59,000(¥64,900/税込)

※全米ヨガアライアンス認定300時間ヨガインストラクター資格(RYT500)に充当
※※振替受講可(平日⇔土日)
※各講座内容は変更する場合がございます。
※~妊娠中の方のご受講について~
専門の医師から運動許可の出ている、安定期(15週目~36週目)の方はご参加いただけます。
臨月の方はご参加いただけません。

※お問い合わせ、お申し込みは下記メールフォームよりお願い致します。

Mailform

 

講師紹介